転移とは?

 

 
転移

転移は精神分析で用いられる用語です。

広い意味では、カウンセリングでクライアントがセラピストに対していだくすべての感情のことを言います。

ただ、より正確な言い方をするとカウンセリングにおいてクライアントが家族や友達などそれまでの人生の中で重要な人に対して抱いていた感情をセラピストに向けるというものです。

 

転移には陽性転移と陰性転移というものがあります。

陽性転移は愛着や親しみなどポジティブな感情の転移です。

かのフロイト先生もカウンセリング中にクライアントに抱き着かれたりすることがあったそうです。

クライアントとセラピストの恋愛が許されないことであるのは言わずもがなですが、その大きな理由の1つがこれかもしれません。カウンセリングによって生まれた恋心はセラピストの人となりによるものではなく転移による側面が大きいと考えられます。

陰性転移は逆に憎しみや不信感などネガティブな感情による転移を指します。

陰性転移が強すぎるとカウンセリングに来なくなったりするなどカウンセリングの進行に支障が出てしまうこともあります。

 

 

 

逆転移

転移と関連した言葉として、逆転移という言葉があります。

言葉の通り転移とは逆で、カウンセリングの中でクライアントに対してセラピストが自分自身の解決していない心理的問題の感情を向ける現象です。

 

逆転移はあってはいけないもの、というわけではありません(そもそも無意識に起こりうるものなので逆転移しないようにする、というのもむりですが)。逆転移そのものは治療の妨げになってしまうこともありますが、自分の中で逆転移が起こっていることに気づくことで、クライアントをよりしっかりと理解することができます。

 

 

心理学のはな

 

ページリンク - 心理学のはな