心理学のはな

心理学

アサガオで暑さは和らぐのか?

f:id:psycholosteak:20190903101806j:image

 

 

9月なのにまだまだ暑いですね〜

電気代が馬鹿にならないです。

 

 

お金のあまりかからない暑さ対策といえば、実際に涼しくなる効果があるという打ち水や、涼しい気分にさせてくれる風鈴なんかがありますね。

 

僕は特に風鈴が好きです。いかにも日本的で。

風鈴の音が涼しく感じるのはなぜだと思いますか?

風鈴は風が吹くと鳴りますよね。「風鈴の音=風が吹いていて涼しい」という連想が条件づけされているから涼しく思うそうです。これは僕たちが風が吹いた時に風鈴の音が鳴るのを聞いてきたからなので、日本以外に住んでる人だったりとか、風鈴を知らない人が聞いても効果は無いかもしれませんね。

日本古来の暑さ対策にも心理学的なものがあるのは興味深いところです。

 

 

 

ところで、来年の東京オリンピックで変わった暑さ対策が検証されていることはご存知でしょうか?

それは、アサガオを飾って涼しげにしよう、というものです。

 

アサガオは小学校で育てたりもしますし、来年の小学生が育てた分を借りることができれば、かなりコスパいいですよね。効果があればの話ですけど。

 

確かにアサガオの花と同じ青い色のものといえば、海や川といった水に関係するものです。青い色から水の涼しさを連想する、というのはあるかもしれないです。

 

ただネットではかなり批判的な意見が多いですね。「気休めにもならない」「アサガオが枯れたらかえって暑く感じる」と言った声が見受けられます。

やっぱり涼しく感じるだけじゃなくて実際に涼しくなるような工夫をして欲しいですよね。

 

 

 

街中にミスト噴射器とか設置してくれれば、翌年にも使えそうでありがたいんですけど、作ってくれないですかねー

 

あるいは、いっそ競技場を全部ホラーテイストにすれば涼しくなるかもしれないですよね…

電車の顔

今週のお題「わたしと乗り物」

f:id:psycholosteak:20190820171652j:image

 

 

 

シミュラクラ現象というのをご存知でしょうか?

これは点が3つあるとそれが人の顔に見えるという心理現象です。

天井のシミが人の顔に見えたりするのはこのせいだと言われています。

 

なんでお題が乗り物でこんなことを書いたかといいますと…

 

 

 

 

電車正面から見たらめちゃくちゃ人の顔に見えません?

 

 

 

これとか…

f:id:psycholosteak:20190820155515j:image

 

つぶらな瞳の中央線

 

 

 

 

 

これとか

f:id:psycholosteak:20190820155745p:image

鋭い目をしてますね

 

 

 

 

 

 

これなんかも

f:id:psycholosteak:20190820155839p:image

歯医者さんかな?

 

 

 

みんな一度は思ったことがあるのではないでしょうか。運転席のガラスだったり、ライトが目に見えて、下の黒いところが口に見えたりするの。こういう視点で電車見るのも面白いですよ!

 

 

まあ何が言いたいかというと…

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:psycholosteak:20190820170826p:image

リニアモーターカー、ライトもフロントガラスもあるのかないのかわかんないからのっぺらぼうみたい

 

ということでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:psycholosteak:20190820171448j:image

 

 

接客でも使われる頼みごとをするときの心理テクニック

みなさんは、立ち寄った店で店員さんに言葉たくみに口説かれて、ついつい買うつもりのなかったものを買ってしまった、そんな経験はありませんか?

そんなとき、もしかしたらここに書くような心理テクニックを使われているのかもしれません。

今回はそんな人に何かを頼む時に使える有名な心理テクニックを紹介していきます。何かお願いをするときに役立つかもしれないですね!

 

 

 

返報性の原理

私たちは他人から何かものや好意を受け取った際に、自分も何かお返ししなければいけないと思う傾向にあります。これを返報性の原理といい、いろんなところで使われています。

 

何かの商品を勧められた際に、全く関係ないものをもらったりしたことはありませんか?(よくあるのは新聞の購読を進めてくるときに洗剤や米を無料でくれたりしますね)あれも返報性の原理に基づいた戦略と言えるでしょう。

 

この性質は、モノだけでなく好意や自己開示と言った精神的なものにも当てはまります。

「全然気にしていなかった人でも自分に好意を持っていることに気づくと、こっちも相手のことが気になってくる」というのはまさにこれです。

 

 

 

フット・イン・ザ・ドア技法

段階的要請法ともいわれるこの心理テクニックは、最初に小さな(受け入れられやすい)依頼をして、受け入れられた後に本来の目的であるより大きな依頼をすると、普通に頼むよりも受け入れられやすい、というものです。

 

私たちには、一回自分が示した意見や意思を変えるのを嫌うという心理的な傾向があります(一貫性を好むということです)。最初の頼みを承諾してしまうと、「頼みごとにも答えてくれる人」という印象を与えたと考えて、次の頼みを断りづらくなる、ということです。

 

この技は2つの依頼がどちらも違う種類の依頼だったり、依頼者が違っていても効果がある、かなり有効な心理テクニックらしいです。

フット・イン・ザ・ドアという名前はセールスマンがドアに片足を突っ込んで「話だけでも聞いてください!」と頼んでいる様子からついたそうです。(今だったら警察案件ですね…)

 

f:id:psycholosteak:20190819144441j:image

 

 

ドア・イン・ザ・フェイス技法

ドア・イン・ザ・フェイス技法とは、最初に大きな要求をした後で適当な要求をする事でその要求が通りやすくなる、というものです。例えば、普通に1万円の服を進めるよりも、最初に2万円の服を勧め、それを断られた後で、1万円の服を勧めることでそれを買いやすくなる、ということです。これは1回目の頼みを断ったことへの罪悪感から、2回目の頼みを断りづらくなる、という心理を利用しています。

 

「ドア・イン・ザ・フェイス」という名称ですが、一度目の依頼でセールスマンの顔にめがけてドアを閉める様子から名付けられたそうです。(一回閉められたらもう話聞いてくれなさそうですけどね…)

 

また、この技は同じ人が二つの頼みごとを短い間にしなければあまり効果がないそうです。

 

 

 

 

ザッツ・ノット・オール技法

この方法は、商品を買おうかどうか迷っている人に対して、さらに特典やオプションを付け加えて購入に踏み切らせる、というものです。(そのため、特典付加法とも言います)

 

ある実験では、「初めからカップケーキとクッキーをセットで売る」よりも、「カップケーキだけを見せて、買おうかどうか考えているところにクッキーをサービスする」方がより多くの人が買っていったそうです。

 

実はこのテクニックは前に紹介した返報性の原理に基づいています。「相手が妥協してサービスしてくれたからこっちも買わなきゃ」というように思ってしまうそうです。あとは単純にお得だと思ったりするからですかね。せっかくなら買おう、みたいな。

 

 

 

 

 

 

以上依頼をするときの心理テクニックでした。ビジネスはもちろん、友達や家族に何か頼みごとがあるときにも役にたちそうですね!

明日から実践してみましょう!

 

 

 

タピオカブームの理由を心理学的に考える

今タピオカって大ブームですよね。みなさんはタピオカ好きですか?

「タピオカ自体はどうでもいいけど、タピオカブームはあんまり好きになれないな…」って人も多いのではないでしょうか。

なぜこんなにもタピオカが人気になったのか、自分なりに心理学の視点から考えてみたいと思います。

 

1.同調

同調とは、集団の期待や基準に合わせた行動をとることです。

社会心理学者のアッシュは明らかに答えがわかる問題でも、自分以外の全員が誤った解答を選ぶのを確認した後だと、自分も誤った解答を選びやすいという実験をしました。

 

f:id:psycholosteak:20190818105030p:image

      ↑同調実験で出された問題、明らかにBが  

       正解だが、他の回答者(サクラ)が全員A

      やCを選ぶと被験者も誤った解答を選んだ。

 

買ったタピオカをインスタにあげるのもブームですし、同調の効果はかなりのものと思います。

 

2.見た目の効果

タピオカが入ってるおかげでカップの下の方は水玉模様になっています。一説には、水玉模様は自分の若さや可愛さをアピールして周りから愛されたいという欲求のある人が選びやすいらしいです。

インスタでタピオカの写真撮ってる人が多いのもそのせい神しれませんね。

 

3.抑圧

タピオカってカップの下の方に溜まってますよね。私たちは無意識のうちに、カップの下に溜まったタピオカと普段抑えている欲望を重ね合わせているのではないでしょうか?

タピオカを吸うのは、抑圧された欲望を出すことの疑似体験と言えるのでしょう。

 

 

 

4.おいしいから

  なんやかんやタピオカ好きが多いんですね。僕もたまに飲みます。

 

 

 

 

本気で考えたもの、ふざけたものいろんな理由を考察してみましたがいかがでしたでしょうか。

 

原価の安さや、独特の食感など、この他にもブームになる理由はたくさんあると思います。

 

写真だけ撮って道に捨てるなど問題行動も目立ちますが、マナーを守って美味しく飲みたいですね!

 

 

 

 

 

 

 

心理学部あるある

 

僕の身の周りで聞いた心理学部のあるあるを紹介します。心理学部に興味がある人必見です。

 

 

 

 

1,DAIGOに憧れて入るが、全然関係ない勉強をする

 

僕の友達にも多いですね。メンタリズムとかできるようになるかと思いきや、全然関係ない心理学の歴史とか勉強します笑

 

 

 

2.心理カウンセラーになりたくて入るが、挫折する

 

  これも多かったです。ちょっと話せば心の病気が治せるようになると思ってると、がっくりくるかもしれません。

 

 

 

3.統計がわからない

  文系学生に数学をやらせるとそうなります。

 

 

4.変わった教授が多い

 

 僕の大学には毎回テスト用紙を持ってくるのを    

 忘れて、結局テストをしなかった先生がいました。

 

 

 

5.「今何考えてるか当ててみてよ〜」って言ってくる人内心馬鹿にする

 

「心理学勉強しても人の心読めないことも知らないのか!」って愚痴ってるの耳にします笑

心理学部の人に言わないように気をつけてください!

 

 

6.病みやすい人多い

  静かに見守ってあげましょう。

 

 

7.なんでもかんでも心理学の知識に当てはめがち

「このお菓子cmで広瀬すずが出てたやつだ。買おうかな」

「それ条件づけされてない?」

 

 

8.パブロフを犬の名前と勘違いしてる人がいる

   僕です

f:id:psycholosteak:20190816093547j:image