発達の最接近領域とは?

 

発達の最接近領域はソビエト連邦の心理学者レフ・セミョノヴィチ・ヴィゴツキーが提唱した理論です。

ちなみに、ヴィゴツキーは38歳という非常に若い時期にこの世を去り、その研究期間は10年ほどしかなかったのにも関わらず、多くの研究や実験を行い、その後の心理学にも影響を与えています。

 

発達の最接近領域

ヴィゴツキーは、発達と教育の関連について注目し、子どもの知能の発達を2つに分けて考えました。

一つは子どもが自ら考えることができる現下の発達水準です。

そしてもう一つは、だれか他人が援助してあげたり協力してあげることで達成できるようになる予測的発達水準です。

そしてこの2つの水準のずれを、ヴィゴツキーは発達の最近接領域と呼びました。

 

例えば、小学2年生の問題を一人で解くことができて、先生からヒントをもらえば、小学4年生の問題を解くことができる子どもは、現下の発達水準が小学2年生、予測的発達水準が小学4年生といえます。

 

ヴィゴツキーの主張では、教育はその子の発達の最近接領域に適したものでなければならない、としています。つまり、私たちが普段注目しがちな、一人で解ける問題(現下の発達水準)ではなく、ヒントをもらうなどして解くことができる問題(予測的発達水準)に基づいて、指導していくべきだと主張しました。

 

具体的には、子どもができないことは大人がまずやり方を見せてあげたり、一緒にやってあげることが、子どもの発達にとって欠かせないとされています。

 

関連記事

psycholosteak.hatenablog.jp

psycholosteak.hatenablog.jp

 

心理学のはな

 

ページリンク - 心理学のはな