防衛機制とは

 

 

防衛機制(適応規制)とは、欲求不満な状態(フラストレーション)や不安などから精神的安定を維持するための無意識の心の働きのことです。

防衛機制の研究で有名なのはアンナ・フロイトという精神分析学者です。「フロイト」という名前からもわかるようにあのジークムント・フロイトの娘です。

防衛機制にはいくつか種類があるので見ていきましょう。

 

 

精神病的防衛機制

精神疾患を発症した人や、まだ幼い子どもでよく見られる防衛機制です。

この種類の主な防衛機制

否認

事実を認めようとしないことです。

 

躁的防衛

騒ぐことで不安な状況を乗り越えようとすることです。

 

その他、歪曲や分裂などがあります。

 

 

 

未熟・原始的な防衛機制

3~15歳くらいの子どもによくみられる、未熟な防衛機制です。

主なものでは

退行(子ども返り)

幼児のように駄々をこねるなど、本来の年齢よりも幼い行動をする状態です。

 

投影

自分が相手に向けている感情を相手が自分に向けていると思う状態です。

 例:「僕は怒こってないけど、母さんは怒ってるよ」(本当は自分が怒っている)

 

解離

不快な感情や記憶を意識から切り離した状態です。悪化すると解離性障害につながります。

 

 

その他、理想化、脱価値化(こき下ろし)、分裂、投影同一視、行動化、自閉的空想、受動的攻撃などがあります。

 

 

中間的な防衛機制

 成熟と未熟の間にある防衛機制です。

 

知性化

受け入れがたい事実を論理的に解決しようとする働きです。

 

抑圧

受け入れがたいことを忘れることで精神的安定を計る方法です。

 

反動形成

受け入れられない感情と逆に感情を表出するというものです。

 

合理化

満たされない欲求に対して、自分が納得できるような理由を作って納得しようとする働きです。

有名な話にすっぱいぶどうがあります。きつねが本当は食べたいブドウに手が届かなかったため「あのブドウはすっぱいから食べなくてもいいや」といってあきらめるという話です。

 

その他、置き換えや打ち消しなどがあります。

 

 

成熟した防衛機制

他の防衛機制に比べて健全な防衛機制です。

 

昇華

欲求や否定的な感情をを望ましいもの(芸術活動や学問など)へのエネルギーにする方法です。

例:ふられた悲しみを歌にする

 

ユーモア

自分のコンプレックスを他者を笑わせることに用いて、乗り越えるというものです。

 

その他、愛他主義や同一化などがあります。

 

 

 

 *防衛機制は種類が多く、どれを紹介しているかというのは人によって異なります。ここで紹介するのはあくまで一例です。

 否認、逃避、退行、合理化、昇華、抑圧などは比較的いろんな人が紹介しているかなと思いますが、どこまで覚えればいいのかというのは実践のための知識なのか試験対策かで異なってくるかなと思います。

 

 

心理学のはな

 

ページリンク - 心理学のはな